自家焙煎コーヒー

菓子工房クリームの自家焙煎コーヒーについて

菓子工房Creamでは、コーヒーを
生豆の状態で仕入れて自家焙煎をしています。
生豆を水洗いして汚れや薄皮を取り除き、
陰干しした後に焙煎します。
水洗い後と焙煎前、焙煎後の3回
ハンドピックを施し飲用に適さない豆を除去しています。
丁寧に焙煎した世界各国のコーヒー豆を
独自の割合でブレンドして
菓子工房Creamオリジナルの
自家焙煎コーヒーが出来上がります。

とみなが
とみなが

焼き菓子との相性が最優先。
香りが良く、酸味控えめで飲みやすい、
ほどよい苦味と深いコクを味わえる
コーヒーに仕上げています。

世界各国の高品質な生豆を仕入れています

コーヒーの味の良し悪しを決める
大きな要素が、生豆の品質です。
どんなに優れた焙煎技術を持っていたとしても、
どんなに素晴らしい抽出をしたとしても、
元々備わっている豆のクオリティを超える風味を
引き出すことはできません。

とみなが
とみなが

コーヒーの味の8割は
生豆の品質で決まる、
と言われています。

菓子工房Creamでは、
世界各国のコーヒー生豆を取り寄せ、
実際に焙煎して試行錯誤を繰り返しています。

ブラジル

ブラジルは世界最大のコーヒー産地です。
生産量も輸出量も世界一。
つまり、ブラジルのコーヒーは
世界の基準(スタンダード)ととらえて
差し支えないと思います。

ブラジルサントス№2

ブラジルサントス№2は、サンパウロ州サントス港から
出荷されるコーヒーのうち、
欠点豆の混入率が少なく最も等級が高い銘柄です。

ブラジルサントス№2の特徴
  • 酸味は少なめ
  • あっさりとして飲みやすい
  • 適度な苦み
  • しっかりとしたコク
とみなが
とみなが

スタンダードな美味しさです。

ブラジル南ミナス カフェドルチェ(採用中)

ブラジル南ミナス カフェドルチェは、
現地の熟練鑑定士のカッピングを経て
ロット分けされた銘柄です。

ブラジル南ミナス カフェドルチェの味の特徴
  • ナッツの香ばしさとやや甘みを感じさせる香り
  • 酸味は少なめ
  • やわらかな苦味
  • 豊かなコク
  • 後味が良い
とみなが
とみなが

ブラジルサントスよりも
香り豊かでコク深い。
菓子工房Creamの
ブレンドに採用しています。

コロンビア

コロンビアは世界有数のコーヒー輸出国です。
寒暖の差が激しい山岳地帯が広がり、
地質と気候もコーヒー栽培に適しているため
非常に高品質のコーヒー豆が生産されています。

コロンビアスプレモ

コロンビアスプレモは、
コロンビアコーヒーの等級・格付けで
最も大粒なものを指します。

コロンビア・スプレモの味の特徴
  • 甘い香り
  • 爽やかな酸味
  • 苦味は少ない
  • まろやかなコク
とみなが
とみなが

マイルドコーヒーの代名詞です。

コロンビア・ウィラ・グランドロック(採用中)

コロンビア・ウィラ・グランドロックは、
コロンビアの南部ウィラ地方で生産されているコーヒー豆。
豊かな土壌に恵まれていて、
コロンビアの中でも高品質のコーヒー豆が
生み出される産地として有名。

コロンビア・ウィラ・グランドロックの味の特徴
  • 格別に甘い香り
  • 豊かなコク
  • 上質な酸味
  • やわらかな苦味
とみなが
とみなが

甘さを感じさせる香りが
抜群に良い銘柄です。
菓子工房Creamの
ブレンドにも採用しています。

グアテマラ

グアテマラは高品質なコーヒーが産出されることで有名です。
火山灰土壌はミネラルを多く含み、肥沃。
標高の高い地域では日中と夜間の気温差が大きく、
コーヒーの実に糖質を多く溜め込みます。
グアテマラコーヒーは、他の産地と比べ
その豊富な糖質に由来するフルーティな香りと
上質な酸味、豊かなコクと甘みが特徴です。

グアテマラSHB

グアテマラSHBは、グアテマラ産コーヒーの中で
最も高い等級のものです。
SHBとは、ストリクトリー・ハード・ビーンの略で
標高1350m以上の高地で収穫されたコーヒー豆。
標高の高い地域では日中と夜間の気温差が激しく、
コーヒーの実に糖質が蓄積されやすくなります。
糖質を多く含むコーヒー豆は、
焙煎すると上質な酸味と豊かな香り
芳醇なコク、甘みを生み出します。

グアテマラSHBの味の特徴
  • フルーティな酸味
  • ナッツやキャラメルに似た香ばしさ
  • 苦味は少なめ
  • 軽やかなコクと甘み
とみなが
とみなが

軽やかで上品な風味のコーヒーです。
とても飲みやすいですよ。

グアテマラSHBオリエンテ(採用中)

グアテマラSHBオリエンテは、
グアテマラ東部のニューオリエンテ地区で
収穫されたコーヒーです。

グアテマラSHBオリエンテの味の特徴
  • ナッツやチョコレートに似た香り
  • 程よい酸味
  • 苦味少なめ
  • 軽やかなコク
とみなが
とみなが

グアテマラの特徴である
上品な香りと軽やかなコク。
ブレンドには欠かせない銘柄です。

ペルー

ペルーは世界有数のコーヒー産地です。
アンデス山脈の麓で有機栽培を主体として
コーヒーが栽培されています。

ペルー・ウォッシュド

ペルー・ウォッシュドは、
水洗処理方式で精製して
機械による選別を行っています。

ペルー・ウォッシュドの味の特徴
  • とにかくマイルド
  • 酸味はほどんと無い(シティロースト以上)
  • 程よい苦味
  • 豊かなコク
とみなが
とみなが

ペルーウォッシュドはとにかくマイルド。
やさしい味わいです。
それでいてコクはしっかりと感じられるので
ブレンドには欠かせない銘柄です。

ペルー・マチュピチュ(採用中)

ペルー・マチュピチュは、

インドネシア

インドネシアは世界有数のコーヒー産地です。

インドネシア・マンデリンG1

インドネシア・マンデリンG1は、

インドネシア・マンデリン・リントン(採用中)

インドネシア・マンデリン・リントンは、

ケニア

ケニアは高品質なコーヒー豆を産出する国として有名です。

ケニアAA(採用中)

ケニアAAは、

生豆を水洗いすることでよりクリアな味わいに

菓子工房Creamでは、コーヒー生豆を水洗いしています。
なぜなら、コーヒー生豆は皆さんが思っているよりも汚れているから。
水洗いをすることで生豆に付着したホコリなどの汚れや
薄皮などを取り除いた後に陰干しをして、
ようやく焙煎作業に入ります。
そうして出来上がったコーヒーは
雑味が少なくよりクリアな味わいに仕上がります。

3回の選別(ハンドピック)で欠点豆を除去

コーヒー生豆は農産物であるため、
カビの生えた豆や虫食い豆、未成熟豆など
飲用に適さない「欠点豆」を言われる豆が
少なからず含まれています。

それらを取り除くのが「選別(ハンドピック)」という作業。
菓子工房Creamでは、3回のハンドピックを行っています。

1回目の選別(水洗い後)

1回目の選別(ハンドピック)は、
コーヒー生豆を水洗いした後に行います。
水洗いをすることで生豆の表面に付着した
ホコリなどの汚れや薄皮が取り除かれ
欠点豆を発見しやすくなるためです。

2回目の選別(陰干し後)

2回目の選別(ハンドピック)は、
水洗いしたコーヒー生豆を陰干しした後に行います。

3回目の選別(焙煎後)

3回目の選別(ハンドピック)は、
コーヒー豆を焙煎した後に行います。
色付きの悪い豆や焙煎が進み過ぎてしまった豆を
取り除きます。

自家焙煎コーヒーに関する最新情報

菓子工房Creamの自家焙煎コーヒーに関する
最新情報はこちらをどうぞ。

コーヒーは焙煎したてが美味しい、と言うのはウソ?
コーヒーに合うお菓子といえば…?
ドリップバッグコーヒーの使い方

自家焙煎コーヒーの通販はこちら

自家焙煎コーヒーや焼き菓子詰め合わせの
ご注文はこちらからどうぞ

菓子工房Cream powered by BASE
菓子工房Cream(クリーム)は、手作りの焼き菓子と自家焙煎コーヒー豆を使用したドリップバッグを詰め合わせた「おうちカフェセット」を販売しています。受注生産をすることで最も食べ頃・飲み頃のタイミングでお届け。自分へのご褒美にときめきを、友人や気の合う仲間とワクワクを。菓子工房クリームのおうちカフェセットをぜひご利用下さ...
タイトルとURLをコピーしました