コーヒーは焙煎したてが美味しい、と言うのはウソ?

自家焙煎コーヒー

美味しいコーヒーの条件に「3たて」と言われているものがあります。

  • 焙煎したて
  • 挽きたて
  • 淹れたて

これらの条件の中で、「挽きたて」「淹れたて」については
全くその通りだと思っています。

コーヒー豆をグラインダーやミルで挽いて(粉砕して)
粉状になると表面積が大きくなります。
それによって香り成分が抜けやすくなり
コーヒー豆の成分の酸化(劣化)も進みやすくなります。

また、抽出後に時間が経ったコーヒーは
成分変化で酸を生成してしまうので嫌な酸味を感じます。

よって、美味しいコーヒーの条件として
「挽きたて」「淹れたて」は当てはまっていると思います。

しかし、「焙煎したて」に関しては…どうでしょうか?

焙煎したてのコーヒーが美味しい…はウソ。

コーヒー豆は焙煎することで蜂の巣のように
小さな穴が無数に空いた状態(ハニカム構造)になります。
その穴の中にコーヒーの香味成分が含まれているのですが、
焙煎したての場合は炭酸ガス(二酸化炭素)もパンパンに充満している状態です。
新鮮なコーヒー豆を挽いてお湯を注ぐとプク~っと膨らむのは
コーヒー豆内部の炭酸ガスが勢い良く放出されているからなんですね。

大量に放出される炭酸ガスがコーヒーの抽出を妨げになる

炭酸ガス(二酸化炭素)がコーヒー豆の内部に多く含まれているのは
焙煎したてで新鮮である証拠なのですが、
あまりに大量に放出されている状態だと
美味しいコーヒーを淹れるのには逆効果です。
炭酸ガスがお湯とコーヒー豆の接触を妨げるため
香味成分を十分に抽出することが難しくなるからです。

とみなが
とみなが

焙煎したては美味しいコーヒーを
”抽出しづらい”
と言うことですね。

美味しいコーヒーが飲めるのは焙煎何日後?

では、美味しいコーヒーを飲むためには
焙煎何日後が良いのでしょうか?

炭酸ガス(二酸化炭素)が大量に放出されている時には
コーヒー成分の抽出を妨げる要因になってしまいますが、
一方でコーヒーの酸化を防いでいるという側面もあります。

程よく炭酸ガスが抜けて、なおかつ酸化が進んでいない
タイミングでコーヒーを抽出すれば良いということ。

焙煎後3日~14日あたりが飲み頃

豆の状態であれば、焙煎後3日~14日あたりが
飲み頃と言える期間になります。
焙煎後1週間がほぼベストタイミング、と言えるでしょう。
なお、粉の状態だと表面積が大きくなるため
炭酸ガスが抜けて酸化が進むスピードが早くなります。
なるべく「挽きたて」で飲むことをおすすめします。

コーヒーは焙煎したてが美味しい、はウソ?まとめ

焙煎したてのコーヒー豆は炭酸ガスが大量に放出されているため、

とみなが
とみなが

美味しいコーヒーを
”抽出するのが難しい”。
ということです。

では、飲み頃のタイミングは、

とみなが
とみなが

焙煎後3~14日程度が
飲み頃のタイミングです。

自家焙煎コーヒーと焼き菓子の詰め合わせはいかがですか?

菓子工房Creamでは、自家焙煎コーヒーと
焼き菓子の詰め合わせなどを販売しています。
世界各国の産地から取り寄せた高品質の生豆を
水洗いして汚れや薄皮を取り除き
丁寧にハンドピック(選別)することで
雑味の無いクリアで飲みやすいコーヒーに仕上げました。
受注生産している手作りの焼き菓子と一緒にいかがでしょうか?

菓子工房Cream powered by BASE
菓子工房Cream(クリーム)は、手作りの焼き菓子と自家焙煎コーヒー豆を使用したドリップバッグを詰め合わせた「おうちカフェセット」を販売しています。受注生産をすることで最も食べ頃・飲み頃のタイミングでお届け。自分へのご褒美にときめきを、友人や気の合う仲間とワクワクを。菓子工房クリームのおうちカフェセットをぜひご利用下さ...
菓子工房Creamさんの作品一覧
菓子工房Creamさんの作品一覧、プロフィールなどをみることができます。ハンドメイドマーケット、手作り作品の通販・販売サイトとアプリ minne。アクセサリーやバッグ、雑貨など世界に1つだけのハンドメイド作品を販売している国内最大級のマーケットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました