ビスコッティはどれくらい日持ちする?

ビスコッティ( Biscotti )はどれくらい日持ちする? ビスコッティ

ビスコッティ( Biscotti )はイタリアの伝統的な焼き菓子です。
オーブンで2度焼きした固焼きクッキーで、
ザクザクとした食感が特徴。
食べごたえがあって腹持ちが良く、
コーヒーとの相性がとても良いので
小腹が空いた時にとても重宝します。
それでは、ビスコッティはどれくらい日持ちするのでしょうか?

ビスコッティの日持ちは10~20日前後、しかし…

ビスコッティの日持ちは10日~20日前後、しかし…

ビスコッティはオーブンで2度焼きするので
水分が少なく他の焼き菓子と比べて長く日持ちします。
常温でも10日~20日前後は問題無く食べられます。
しかし、保存状態によっては
すぐに風味が劣化してしまうことも…。

ビスコッティの風味が劣化する原因は?

ビスコッティの風味を劣化させる原因は主に4つです。

劣化の原因①水分

ビスコッティはザクザクと食べごたえのある
食感が特徴の焼き菓子です。
水分の多い環境下では、
すぐにそのザクザク食感が損なわれてしまいます。
また、カビの発生や細菌による腐敗が
起こりやすくなります。

劣化の原因②酸素

食品の風味を劣化させる大きな要因が
空気中に含まれる酸素です。
ビスコッティに含まれる脂質、アミノ酸、色素成分などが
酸素と結びつく(酸化する)ことによって
不快な臭いを発生させる、褪色するなど
風味を劣化につながります。

劣化の原因③温度

温度変化の大きい環境下では
食品の風味の劣化が早く進みます。
また、20℃~30℃の環境下では
カビが発生しやすくなるので注意が必要です。

劣化の原因④光

直射日光などの光は食品の酸化を促進させ、
先ほども書いたように脂質やタンパク質が変質し
不快な臭いを発生させる、褪色するなど
風味を劣化させる原因となります。

ビスコッティの保存方法は?

ビスコッティを美味しく食べられる状態で保存するには
風味を劣化させる原因である水・酸素・温度・光を
遮断することが重要になります。

保存のポイント①密封容器に入れる

まずは空気中の酸素や水分になるべく触れないよう
密封容器に入れます。
食品用シリカゲルなどの乾燥剤を一緒に入れておくと
ビスコッティのザクザクとした食感が長持ちします。
ビスコッティは水分が少ない焼き菓子なので、
密封容器に乾燥剤と一緒に入れておけば
常温でも日持ちをさせることができます。
さらに長持ちをさせたい場合は、保存場所にもひと工夫を。

保存のポイント②直射日光の当たらない冷暗所で保管する

ビスコッティを長持ちさせるためには、
まずは密封容器に入れ空気中の酸素と水分を遮断します。
さらに温度変化が少なく低温で直射日光の当たらない
「冷暗所」で保存をしましょう。
冷蔵庫の野菜室などが最適な保存場所です。

最も大切なのは、できるだけ早く食べること

ビスコッティはできるだけ早く食べましょう。

ビスコッティは比較的長期保存が可能な焼き菓子です。
しかし、風味の劣化を遅らせることはできても
完全に劣化を止めることはできません。
できるだけ早く食べるようにしましょう。

ビスコッティなど焼き菓子の通販はこちらから

菓子工房Creamでは、ビスコッティをはじめとした
焼き菓子詰め合わせと自家焙煎コーヒーをセットにした
「おうちカフェセット」などを販売しています。
ぜひご利用下さい。

菓子工房Cream powered by BASE
菓子工房Cream(クリーム)は、手作りの焼き菓子と自家焙煎コーヒー豆を使用したドリップバッグを詰め合わせた「おうちカフェセット」を販売しています。受注生産をすることで最も食べ頃・飲み頃のタイミングでお届け。自分へのご褒美にときめきを、友人や気の合う仲間とワクワクを。菓子工房クリームのおうちカフェセットをぜひご利用下さ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました